読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Eclipse Kepler(4.3)のインストールと日本語化

(1)  インストールパッケージのダウンロードとインストール
 下記のダウンロードサイトからパッケージをダウンロードする。
 http://www.eclipse.org/downloads/index.php
 今回は、Eclipse IDE for Java EE Developers (Windows 32Bit版)をダウンロード。
 ダウンロードしたパッケージを解凍する。(私の場合は、c:\Aplに解凍)
 Eclipseが起動するか確認する。(英語版
(2) 日本語化
 Pleiadesプラグインをインストールすると日本語化されるので、Pleiadesプラグインをインストールする。
 下記のダウンロードサイトからパッケージをダウンロードする。
     http://mergedoc.sourceforge.jp/
 最新版の1.4.xのpleiades.zipをダウンロードする。
 ダウンロードしたパッケージを解凍し、plugins、features ディレクトリーをEclipse本体の下にコピーする。
 eclipse.ini の最終行に以下の記述を追加する。

       -javaagent:plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar
 eclipse.ini の 11、12 行目の -showsplash org.eclipse.platform を削除する。(起動時、Pleiades スプラッシュ画像が表示される)
 Eclipseを起動し日本語化されているか確認する。
     コマンドプロンプトを起動、カレントディレクトリをEclipseのインストールディレクトリに移動し、下記のコマンドを実行しEclipseを起動する。
       start .\eclipse.exe -clean %*
     上記のように「-clean」オプションでの起動は1回のみです。

(3) 設定(私が必ず設定する項目)
 (a)デフォルトのフォントの変更
  Windows の場合、デフォルトのフォントが Courier New 10 ポイントになっています。 MS ゴシック 9 ポイントをオススメします。下記から設定できます。
  メニューから [ウィンドウ] -> [設定] を開き、[一般] - [外観] - [色とフォント] の [基本] - [テキスト・フォント] で設定してください。

 (b)行番号の表示
  メニューから [ウィンドウ] -> [設定] を開き、[一般] - [エディタ] - [テキスト・エディタ] の 「行番号も表示」項目をチェックする。
 (c)インストール済みのJREの確認
  メニューから [ウィンドウ] -> [設定] を開き、[Java] - [インストール済みのJRE] のロケーションがJDKのパスであることを確認する。